たくやチャレンジ日記

たくやがいろいろチャレンジすることを残す日記

MoneyForward と電子マネーを使って全自動家計簿を目指して

自分のお金の流れを把握することは大事だと思っている。

そしてエンジニアはログを取りたい人種だ。*1

大学生くらいの時から何度も家計簿アプリを使って試みたけど、何度も失敗してきた。

理由は分かっている。毎回入力することが面倒くさいからだ。

そんな面倒くさがりの僕が2年くらい家計簿を付け続けることが成功している。

それは MoneyForward のおかげだ。

MoneyForward のなにがいいか

moneyforward.com

銀行の入出金やクレジットカード・電子マネーの利用がすべて自動で家計簿に登録してくれるこれに尽きる。面倒くさがりの僕としては、銀行の入出金とかすべて登録していくことはできなかった。「あれ、いくらおろしたっけ・・・手数料かかったっけ・・・」とか考えて登録することは本当無理だった。自動化さいこう。

黒字か赤字か一目瞭然になることも良い。MoneyForward で家計簿をつけるまでは多少赤字になってもボーナスで相殺するでしょって思ってた。それくらいどんぶり勘定で生活していた。僕の会社の給料日は25日だから月の初めと合わないけど、給料日を基点にして支出を計算してくれるので、非常にわかりやすい。その月が黒字であるということが確認できるだけで精神衛生上とても良い。*2

なにを自動で登録しているか

僕は今下記のサービスを MoneyForward に登録している。

  • 銀行口座(2枚)
  • クレジットカード(2枚)
  • モバイル SUICA
  • 証券会社
  • 仮想通貨取引所
  • Amazon
  • LINE Pay

これらで取引されるお金はすべて自動で登録される。

コンビニでものを買う時も極力 iD*3 を使って MoneyForward に自動で登録されるようにしている。Amazon のクレジットカードに紐付いた iD なので、Amazon ポイントに還元されるのがとても良い。毎月漫画1冊買えるくらいのポイントになる。

最近 iPhoneX に機種変更して Felica が使えるようになったので、モバイルSUICA も登録してある。駅の自動販売機でお茶を買うのも自動で登録されるようになった。

タイトルに「目指して」って書いてあるくらいだから、まだ完全に自動化されたわけではない。

なぜか。それはもちろん「現金」のせいだ。

現金だけはさすがに手動で登録するしかない。一番やっかいなのは、飲み会の会計だ。だいたい酔ってるから自分がいくら出したか覚えていない。*4

LINE Pay である程度楽になるのではないかと思っている。誰かが代表してクレジットカードで支払いして、LINE Pay で送金すればログが残るし、酔って多く払わされたという不平等感もない。LINE Pay がもっと普及すればいいのに。

まとめ

ちょっと前に流行ったフィンテックを使って家計簿を自動的に登録できることを紹介した。

今日見た記事で 現金じゃないとお金を使った感覚がないとか言ってる意味が僕には分からない。電子マネーだと使った履歴が簡単に可視化される。完全に支出を把握することができる。価値観の違いなのだろうか・・・人に強制することではないけど、社会にそう考えてる人がいる限り電子マネー化は進まないのかなあ・・・

競合としては Zaim とか MoneyTree がある。この二つは使ったことないからなんともいえないけど、多分同じようなことができるはず。

あわせて読みたい

blog.takuyachallenge.me

*1:主語が大きいやつ

*2:逆に赤字になると不安定になる

*3:僕の発音が悪いのかたまに Edy に間違えられる

*4:完全に自分のせい